にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村 左水槽史 | 珍𩵋庵
プロフィール

Mocchy

Author:Mocchy
ご意見ご感想お待ちしております。
つぶやき:http://twitter.com/#!/mocchy_tingyoan

フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

最新トラックバック
Flickr
www.flickr.com
www.flickr.com

左水槽史

10 27, 2013 | 45キューブ

2 Comments
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村


090504 019
090504 021

090801 005

090802 002
もうすぐブログ5周年ということでメインを張っている45キューブ左水槽のこれまでをぺたぺた語ろうと思います。

090802 010
091107 004



第1期
水槽の中にプラケを入れて区切っています。
アサザという浮き葉を出す植物を使いたくて仕込みました。
アサザはランナーをかなりアグレッシブに伸ばす性質があり、区画無視してどんどん侵食してしまいます。
その対策にプラケの中だけで育ててみようという試み。概ねうまくいったと思います。



100223 006


20111225230508922

2011122523050843b

第2期
プラケの上にカゴを置いて陸地を作りました。
この時にハマっていたレッドデビルクラブとクロゲンゴロウのためにカゴにハイドロの土を入れて観葉植物を育てていました。
なぜかカニもゲンゴロウも脱走することなく機嫌よくやってくれていた記憶があります。

というか、この頃の水槽はなんか自然な感じがすごいよく出ていて、今でも再現しようと頑張っているのですがなかなかうまくいきません。








110206 002
ピーク時。

しかしこの水槽も長くは続かず、厚く敷いた砂が災いし底床内に汚れがたまり崩壊するのでした。





new左水槽

第3期
避難タンクにてお気に入りの生体を大量に死なせてしまったり色々凹んでいた時期。
草壁と称してバックスクリーンを活着水草で埋めようとしていました。
魚が挟まったりしてあまりうまくいかず






ここからちょっと暗黒期。
生体重視でいこうとしてたんだけどモチベーション上がらずに45キューブ畳もうかと思っていたぐらい。




第4期
かなりじっくり考えて、生体・水草を両立するにはどうしたらよいかを苦心して作った水槽。
上部+砂は薄敷き+底モノで底床を攪拌するスタイルが確率。

上部による安定した物理ろ過と、気が向いたらコック付きバケツで10リットル換水。

活着系の水草の調子もよく、生体も充実していた。


また、小型のLEDを夜間つけることによってライトアップなど色々試していた。

が、、、、転勤orz
004IMG_42941image
IMG_4659




で、今に至る。
今回のテーマは
1北陸で見た水辺の風景
ポタモゲトン属の草やミクリなど、水がきれいだからか透明感のある水草ぽい水草をよくみかける。
そこでそれらをスケールダウンしたようなオクタンドルスやインバモ、バリスネリアナナで代用して小川の川底のような水景を目指しています。



2水草による栄養分吸収>>>>>生体の排泄物
今回はあまり生体は入れずに、あくまで水草の成長を見守る感じにしております。
使い慣れた器具で、さらに名古屋の水草専門店で見聞きして感じたこと・触発されたことを最大限行動に移しています。



IMG_5143

IMG_5410
スポンサーサイト

« 北摂 湯マーク »

2 Comments

創設5周年を迎え、歴史を紐解くと、今までの軌跡が鮮やかに蘇り、大変感慨深いです。いつも実験して新しいスタイルを模索する姿に共感します。

by かおりん | 10 29, 2013 - URLedit ]

これからもがんばりまっす!!

by Mocchy | 10 29, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QLOOKアクセス解析 web拍手 by FC2