にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村 ベントス | 珍𩵋庵
プロフィール

Mocchy

Author:Mocchy
ご意見ご感想お待ちしております。
つぶやき:http://twitter.com/#!/mocchy_tingyoan

フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

最新トラックバック
Flickr
www.flickr.com
www.flickr.com

ヨコエビいれてみた。

05 05, 2011 | ベントス

3 Comments
渓流でとってきたヨコエビを左水槽で飼育できるかやってみます。
110430 001
110430 002
110430 003
ミズゲジじゃないよ!よ!!

こいつが汽水産のヨコエビみたいに底床内に巣穴掘って酸素を供給してくれないかなぁというのが狙い。

いれてみた。
ペットボトルで隔離したけど、この下に巣穴掘ってくれないかなぁ
スポンサーサイト

ヨコエビ

10 01, 2010 | ベントス

0 Comments
水中の有機物の分解兼底床にトンネル掘って通水&酸素供給。たまに生体のオヤツ。
それがヨコエビに求める役割です。

国内にはもともといたやつと外来種が淡水で生息しています。
ねらい目は外来種で年々増加してると噂(ってか定着してるらしい)の
フロリダマミズヨコエビさん

・ドブなどの劣悪な環境で見られて、
・そこそこ大きく(淡水の中では)、
・年中繁殖可(コレ重要)、


以下ネットの海より引っ張ってきた文章。国内にはいってきた経緯、見た目の特徴、2ちゃんの現行ヨコエビスレ、繁殖時期など

北米原産で、体長1?程度。第2触角が第1触角の約1/2、第2触角副鞭が2節、第3尾肢が短く第2尾肢より突出しない、尾節板が切れ込まないなどの特徴をもつ。在来のヨコエビ類が生息しにくい河川・下流域のやや汚濁が進んだ水域にも生息する。府内の河川に生息するヨコエビの仲間にはニッポンヨコエビなどがいるが、本種とはよく似ており、判別には上記の特徴を十分に比較する必要がある。本邦では1989年に利根川流域への侵入が確認され、近年は東北地方から九州にいたる広い範囲に分布する。本邦への侵入経路は不明であるが、原産地のアメリカでは、バラスト水への混入、養殖魚、釣り餌、水草などの輸送に伴って分布域を広げたと考えられている。
ttp://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/fish/tenji/gairai/gairai/floridayokoebi.html

一般的な傾向と同じく在来種は湧水地、外来種が多少悪環境で見られるようです。
環境指標としては綺麗なとこでプラナリア、汚いとこでシマイシビルなんかが見られるのに近いかな。
谷津田、谷戸、崖線、段丘崖、休耕田などのキーワードを使いながら検索すると
目的地を探すのによいかもしれません。

数週間前から淡水ヨコエビと思われるノミのような5?程度の生物を捕まえてきて
水槽に水合わせもなしで放りこんでるけど、元気だよ
昼間の水温は30度くらいまで上昇している模様だけど全然死なない照明落とすと隙間からわらわら這い出して来て泳ぎまわっちょる

一昨年の秋から、ヌマエビ&メダカの水槽に生息していて、
1年以上経ちましたが、なんとか生きています・
夏の暑い時期(クーラーなし)も卵で?乗り越えたようで
いつのまにか絶滅したかと思いましたが、淡水ヨコエビ、数匹が
水槽に存在します。 不思議なもんだ。

うちはソイルの中に住み着いてるよ
増えすぎず居なくなりもしない感じで生きてるみたい
ttp://2chnull.info/r/aquarium/1124023890

標本調査および採集結果から各季節において幼体、オス、未成熟メスおよび成熟メス(抱卵メス、経産メス)のそれぞれが観察された。在来のアゴトゲヨコエビの場合は、冬から春にかけて成熟し、夏季は幼体のみとなる一化成である。フロリダマミズヨコエビは年中繁殖個体が見られ、多化性であると推測される。礫底の水際と平瀬およびワンドの水際植物帯では、幼体、オス、未成熟メス、成熟メスのそれぞれが観察された。早瀬ではオスと未成熟メス、砂泥底の淵では幼体とオスが観察された。フロリダマミズヨコエビの分布拡大・定着を可能にしている要因としては、1)平地の河川・池沼などに生息、2)礫底(水際・平瀬・早瀬)、砂泥底(淵)、植物帯などに生息、3)1年中繁殖可能、などが考えられる。
ttp://www.esj.ne.jp/meeting/abst/ESJ54/C3-03.html

淀川・琵琶湖はガチでいるらしい。ただわざわざ連休に川に行って収穫なしでも困るので、九州内での生息地を調査中。
そこ!ミナミでいんじゃね?とかいわない!

ミミズ

09 26, 2010 | ベントス

0 Comments
畑のミミズって実は、水中で生きていけるんです
ガス交換の効率がよくて、水中に溶け込んだ酸素を取り込めるんだそうです。
写真の採取した個体もシジミと一緒にU字溝の流れの中にいました。
2ちゃんねるにもスレが経っていますが詳しい効能はまだまとめられていません。
一説には崩れたソイルを肥料の状態に還元してくれるといううわさがあります。
自分としては、底床の中にトンネルができる→その穴でヨコエビが暮らす
というコンボで底床内の酸素供給に一役かってくれればと考えています。

100903 040
100903 041
100903 042
100903 043
100903 044
シジミと同じ溝に住んでいたので捕獲w
最初もぐれてなかったみたいだけど、ヒメツメとクロゲンゴロウの追撃を振り切ったのか喰われたのか・・・w
生きてたら今度また会えることでしょう。
100911 011
意外とヒメツメもクロゲンも興味を示さない。
まぁなにかの拍子に食べてしまうんだろうなとは思うけどw

シジミ

09 19, 2010 | ベントス

3 Comments
役割:水質浄化(亜硝酸を食べる・・・?)
淡水に棲むシジミだと
マシジミ
タイワンシジミ
熱帯シジミ@チャーム

といったところでしょうか
繁殖形態は卵胎生でマシジミ(タイワン?)に関しては1年以上キープできてます(ひょっとすると繁殖も)
※2010.09.12砂掃除してたら稚貝発見キターーーー!!!
100912 002全身
100912 008半埋まり
100912 001潜り

100825 003

日本に棲んでいるシジミでひと夏こしているので、熱帯性シジミも越夏できるかと思われます。

以下の画像は九州某所で採取した個体。
以前からコンクリのU字溝に死骸だけはあったのだけれど、さらに下流のところに砂まじりのU字溝がありそこの砂に棲んでました。
調べたところ、砂地を好むみたいですね。

100903 039
100903 038
100903 035

○ントス

09 10, 2010 | ベントス

6 Comments
メントス?サントス?イキトス?
ノンノンノン、ベントス!

ベントスとは?
水域に生息する生物の中でも底質に生息する生物の総称で底生生物ともいう。

役割
二枚貝類は水質浄化機能を、ゴカイ類などは分解者としての役割を果たしている。また、魚の餌として食物連鎖の下位にあるものが多い。ヨコエビは生物の死骸や糞などを食べる分解者の役割を果たすと同時に、さまざまな大型動物の餌となる。

淡水ではあまりメジャーじゃないですが海水ではデトリタスを分解する役割で活用されているようです。
我が家でも汽水タンクにてヨコエビとゴカイが穴を掘って繁殖しています。たまにアベハゼに捕食されてますが・・・w
090917 002
090917 005


淡水でマイナーな理由は入手性と、コストに見合った能力がない(プロホースザクザクのほうが効率的?)といったところでしょうか?
在来種ですと夏場の高水温が苦手なのもいたいですね。
でも、本当に彼らの能力が低いのでしょうか?実は働きやすい職場作りができてないだけだったりして・・・w
そこんところを検証したい&ちいさい生き物観察好きなので見てみたいなぁと。
うちみたいな砂タンクの長期飼育で手を突っ込みたくないスタイルに役に立つノウハウが得られれば御の字です。
単に見てるだけでも楽しそうです。


小難しいこと書いたけど、寧ろwikiからコピペしただけだけど(ぁ
淡水でベントス積極的にいれたらおもしろいんでね?ってことですw


次回ざっくり分類わけと使えそうな種のピックアップ。

関係ないけど仮面ライダー

餅はBLACK派です。

QLOOKアクセス解析 web拍手 by FC2