にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村 アベハゼの産卵@休憩中 | 珍𩵋庵
プロフィール

Mocchy

Author:Mocchy
ご意見ご感想お待ちしております。
つぶやき:http://twitter.com/#!/mocchy_tingyoan

フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

最新トラックバック
Flickr
www.flickr.com
www.flickr.com

アベハゼの産卵-2

07 08, 2009 | アベハゼの産卵@休憩中

2 Comments
7/7 22:50
ハッチアウト開始。体長は2mmあるかないかといったところ。無茶苦茶小さい。透明。背鰭みたいな突起あり。
卵黄はない模様で早速遊泳をはじめた。
シェルターからでてすぐ水面を目指して泳ぐ。

成魚は隔離。
吸い込み事故を防ぐために外掛けを停止してエアストーンを濾過槽から水槽内に移動。

エアの量が強くて稚魚が流されていたのでコックひねって調節。

だめもとでコンビニから豆乳飲料買ってきて少し垂らしてみる。予想以上に濁る。

7/8 6:30
やっぱり消滅か…
と思いきやかなりの数が生きてるるる!!!!
ちなみに集光性あり。
このへんは稚ガニも稚エビも稚魚も一緒ね。きっとじぶんよりも小さな微生物や有機物にありつくためのシステムなんでしょうな。




帰宅してから何匹残ってるかドキワク…










ただいま帰宅しましたよっと。

見たところ4分の1ほどに減ってはいますがそれでも100,200ほどは生存している模様。
死因は恐らく餓死か水質悪化か塩分濃度。




生存はいいんだけど、エアを弱めた関係でゴカイやヤドカリのミニマムサイズが死滅。


またやばそうな濁り方になってきた。

併立しがたい要素があって困りますね;

稚魚がおぼれそうだからエア弱める←→酸欠でベントス死ぬ

エアストーンの位置を表層から下にして、表層に置いてるよりは対流が生まれるように調整。

そんでもって豆乳の投入で濁り方やばいのは痛いんだけどインフゾリアみたいな白いツブツブの集団も発生。(前回の死亡フラグ)これをスポイトであげてみようかな←いまここ

シリーズ化しようとするとことごくつまづく件orz

まぁ最初から成功しただけではおもしろくないですからね。('A`)







スポンサーサイト

アベハゼの産卵

07 07, 2009 | アベハゼの産卵@休憩中

2 Comments
6月末
雌雄の差が急にでてきはじめた。
画像はなんとなくですが、オスはひょろ長いまま第一背鰭の条が伸びました。こころなしか顔のすじの赤みや背鰭・尻鰭の黄色身が鮮やかです。(かなり個体差はある。)
メスはふっくらで総排泄孔のまわりがピンクに。

090630 040


7月2日
ある2匹がカキ殻の中で篭りだした。
090707 009

7月3日
篭っているのは恐らく雄であろう個体のみに。
アベハゼが選んだカキ殻は入り口が非常に狭く、小指の先がかろうじて入るくらい。
かろうじて無色透明な卵が見える。

7月4日
卵が白濁or黄濁しはじめた?ためにはっきりと卵が見えるようになった。
殻の両面にびっしりと産み付けられているのがはっきりと確認できる。

7月6日
卵生メダカでいうところの金環が見えるように。
雄親は休むことなくクリーニング行動を続けている。
胸鰭パタパタ→尾びれブンブン→大きく&荒く呼吸→体勢を変えて胸鰭パタパタ以下ループ
といった具合。
090707 003
090707 002
ご覧いただけますでしょうか?
アベハゼの傍のキラキラはすべてアベJr.たちなんです。

こういうイレギュラーなことがあるので生物の趣味はやめられんねぇ。
いつもいうけど今度こそは1匹でも生きながらえて大人になってほしいものです。




安部の生命(何

[広告] VPS

QLOOKアクセス解析 web拍手 by FC2